linnelle

Text Size : A A A
Img_cca0d53c79b5cbcb6f765deea1ced9d4
Img_428480946f57886b5df490501b38059d
作っていて、すごくテンションが上がるのが、
着物や帯をほどいてみて、裏側がとてもステキだった時。
織物なので色目が反転していてそのまま使えるし、
さらに魅力的だったりするのです。
Img_e75f345ecdf98f436d4f46ddf1649c67
Img_9456d4cee667ebce6eabbdd300068498
Img_19d992d8de6ca382d419c0960a877eae
初期から作っているポーチ。
「角ポーチ」って呼んでます。
蓋の部分はインドシルクで、手刺繍された「カンタ」と呼ばれる生地を
使っているんです。
日本で言う刺し子刺繍です。
刺し手によって表情が変わり、温かみのある生地。
マチの部分は着物や帯をリサイクルしています。
インドと日本をごちゃ混ぜにしてどこにもない世界を作り出したいのです。

ポーチのポイントになっているのがブローチ。
ポーチが出来上がってから、そのコを前にしてビーズを詰めていきます。
布を探し、裁断し、縫製し、ビーズワークして
手間をじっくりかけます(^^)
Img_92bde338c71baa467010f9525e8f6ae6
近づいてまいりました。昨日までカリカリモードでしたが、
やっと目処がたってきたのでホッとしています。
本当はもうひと型ポーチが作りたかった。
できなかった原因は、このポーチ。
10個作る予定を、20個作ってしまったから。(笑)
一度に20個作るのは初めてで、なかなか工程が先に進まず
イライラの原因にもなったかも。
程々にしなきゃいけないですね。
でも、このポーチは使い勝手も良く、
いつの間にかなくなってしまうので多めにしました。
送別のプレゼントなどにもいいですね。